人気ブログランキング |

楽しく子育てしましょう ♪

mamanikki.exblog.jp

日々起こる数々の出来事や過去の出来事を日記にしました。リンクフリーです♪

ブログトップ

想定内? 想定外?

公立前期試験終了。

緊張はね、自分の力を出し切ることができないからリラックスしていこう!
うちの長男。
リラックス通り越してたるみすぎ。(-。-;)
まぬけているというか・・・。

一日目の朝6時。
「あさぁ!!」
私にはちょっと気になることが・・・。
起きがけの長男に、
「ねぇ、上履きは?」
寝ぼけ眼だった長男。
「あっ\(◎o◎)/!」
ばっちり目が覚めた様子。
あーあ・・・。学校に置いてきちゃった・・・。

「受検票は入れたの?」
「まだぁ。」

なんなんだ?(-"- ) こいつは・・・。
受検日当日に私だってごちゃごちゃは言いたくございません。
しかーーーーし!言わずにはいられないこの状況。
まったく・・・。


その長男。
1日目終了後家に帰ると即勉強開始。
これは出来が悪かったな・・・。
そう思いつつ聞いてみました。
「今日のできは?」
「できた!」とご満悦。(^v^)
そして、
「いやーっ、僕にとって不合格は想定外なんだけどね。もしもの時を考えて後期のために勉強しようと思って。」

(¬_¬)  ふーん、そうなの。
はぁ・・・、この楽天的な性格。
いったい誰に似たんだか。


そして2日目の面接。
まぁまぁ満面の笑み。
自分の言いたいことはすべて主張してきたと長男。
「最後に何か言いたいことはありますか?」の質問に、
「絶対にこの学校に入りたいです。」
そう一言答えてきたと話してくれました。
よし!よし!
入りたいから頑張ってきたんだもんね。
「入りたいです。」の主張。いいじゃなーい♪

本人はこの2日間に自分のできることはすべて出し尽くしてきたようです。
結果がどうであれ、悔いの残らない2日間が過ごせたのならそれでよし!
発表まで1週間。
後期受検を想定したとき、あの1週間もっと勉強しておけばよかったと後悔しないよう過ごしましょう。
# by watchsjp | 2006-02-04 02:07 | Trackback | Comments(0)

狭き門

県立の前期試験の志願者数が発表になりました。
長男の受検する高校。
80人の募集に対して、志願者448人。
5.6倍の狭き門となりました。
5~6人に一人・・・、と思うともしかしてなんて思ってしまうのですが・・・。
368人は合格できないと思うと・・・。
狭き門です。

でも、私はあきらめません。
長男も一緒です。
少しでも可能性があるのなら、それにかけたいと思います。

発表当日は長男と一緒に見に行ってきます。
もしも・・・、もしも長男の番号があったら・・・。
大泣きするかも・・・。
化粧?
そんなもの取れたっていいんだぁ!
# by watchsjp | 2006-01-31 01:01 | Trackback | Comments(0)

報告です (o゚▽゚)o

ありがとうございます。
私立2勝です。

うーん・・・。長く感じたこの一週間。
取敢えずほっと一安心。


26日が1校目の発表。
自宅宛郵送。
仕事が終わる → 家に着く → ポストをのぞく → 封書発見 \(>o<)/
その場で開きたい気持ちを抑え家の中へ・・・。
結果が入っている封書。
落としちゃいけないわっ。

はぁ、はさみ、はさみ。
あーっ、どきどきしてきた。 (O.O;)(o!o;)
わっ!心臓の音が聞こえる。
口から心臓、飛び出そうだし。
こんなにどきどきするのって何年ぶり?
いやーっ・・・。あまりに昔のことで忘れちゃったわね。
しっかし、聴診器でこの音聞いたら、鼓膜破けちゃうかも・・・。


チョキチョキ・・・。

合格通知

うーん。
なんだ?これは・・・。(・・?

もう一回見ちゃおう!

合格通知

えっ、えっ、えっ?(・ ・;))。。
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
今、合格って書いてあったよねぇ。(((p(>v<)q)))!!
やったぁ!\(@^◇^@)/
う・・・、うれしい。(/_;)


しかーーーーーし!
ここは通過地点。
本番はこれからです。
頑張っているのを知っていてあえて言います。
がんばれーっ!受験生! \(~0~)/フレー
# by watchsjp | 2006-01-28 01:31 | Trackback | Comments(2)

戻ってこーーーーい!

我が家の次男は3月生まれ。
幼稚園の時からいつも一番前。
その次男、4月に148cmだったのが1月には162cmに成長していた。
ひざが痛いって言ってたっけ・・・。
そりぁ、当たり前だわね。
えっ?(?_?)
162cmって・・・。
あと少しで私より大きくなっちゃうじゃない。\(◎o◎)/!


もちろん足も成長中。
大きめで買った通学用の靴。
2学期になる時に買い替え。
そして、今回3学期になるときも買い替え。

何回履いて行ったかなぁ・・・。
一週間も経ってなかったかな。

「おかあさーん。誰かが靴を間違えて履いて行っちゃった。だから、ぼく残ってた靴履いて帰ってきたぁ。」
「あらっ、そう。」
見ると気合の入った靴が一足。
「まぁ、すぐに戻ってくるからそのまま履いていなさい。」
「はーい。\(^o^)」

それから一週間。
まだ戻ってこないの?
まぁ・・・。(ーー;)
名前も書いてあるのにねぇ・・・。
じゃあお母さんが先生にお手紙書いてあげる。

『本人がどのように探していいかわからないようなので、先生からお子さんたちに呼びかけていただけませんか?
ちなみに購入してまだ一週間も履いていないんです。(ちょっと愚痴っぽかった?)
名前も書いてあるし。
何より、サイズが違うようで・・・。
本人の靴のほうがちょっと大きいようなので・・・。』

すると先生から電話が。
「僕も探してみますけど・・・。見つからない時はあきらめてください。」

えーーーーっ。
あきらめるんですかぁ?

そしてその電話からさらに一週間。

まだ見つからないし・・・。
おーい! 戻ってこーーーーい!

はぁ・・・。
また新しい靴買いに行かないといけないわねぇ・・・。
今度はもっと大きく名前書くんだ。

しかし・・・、なんか納得のいかない母でした。
# by watchsjp | 2006-01-25 09:18 | Trackback | Comments(0)

ひとまず・・・。

はぁ、取敢えず私立の試験終了。

2006年に入ってから1ヵ月。
なんと早くすぎたことでしょう。
あっと言う間に試験の日がきちゃった感じ。

発表は2日後。
この2日間、きっと長く感じるよね。


私立が終わっても、これからが大本番!
そうです。公立が残っています。
今週出願。
来週が試験です。
第一志望の高校です。
気を抜いてはいけません。
このままエンジン全開でぶっ飛ばしましょう。
# by watchsjp | 2006-01-24 01:12 | Trackback | Comments(0)

母にできること。

いよいよだわぁ。
緊張するわぁ。
自分のことはわりと緊張しないんだけど。
今回なんでしょう。この落着きのなさ・・・。

今日は1校目の入試。
次男は試合って言ってたから、5時30分には起きてお弁当作って。
長男は6時に起こしてほしいって言ってたっけ。
この時間にブログ書いてる場合じゃないって。
早く寝ないと・・・。


寝られない・・・。
はぁ。
長男は爆睡中。
いいこと、いいこと。


今、母である私ができること。
それは・・・。

君のために祈ること。
君を応援すること。
君を信じること。
君に自信を与えること。

くだらないことかもしれないけどね。
冷蔵庫に大量に入っている《キットカット》
お夕食の献立の《かつ》
そういえば我が家の玄関にたこの印鑑入れがあったっけ。
このたこちゃんにもお願いしちゃお。《オクトパス》

そしていつも見守ってくれているであろう、私の母に・・・。
頼むね。


がんばれ、がんばれ!
君の努力は絶対に実るよ。
きれいな、おっきな桜の花が咲くからね。
母は君の笑顔しか頭に浮かばないんだ。
一緒に喜ぶ姿しか頭に浮かばないんだ。
大丈夫。大丈夫。
精一杯のことを、自分の力を出し切れるように祈ってるからね。
# by watchsjp | 2006-01-22 02:21 | Trackback | Comments(2)

保護者推薦

説明会で初めて聞いちゃった《保護者推薦》
なんだぁ?
いやいや、この言葉のとおりの推薦でした。

「お子さんのいいところを保護者の方が責任を持ってアピールしてください。保護者の方が推薦者です。」

へぇ・・・。そんなのがあるんだぁ・・・。


そろそろ順番ね。
個別相談会場は説明会のあとそのままの会場。
ホール壇上とその下。
あわせて20組くらいの席があったでしょうか。

白い紙・水色の紙・黄色の紙。
推薦の形式によって違う色の紙が用意されています。
「あっ、あの子は水色。」
「あの子は白。」
「あれ?あの子はもらっていないよ。」
すぐにわかっちゃう。
こわっ・・・。( ̄□ ̄;)


「次の方どうぞ。」
「はいっ!」
「よろしくお願いします。」

私たちの横にはお母様と男の子さんの親子が・・・。
「僕は珠算の○級をもっています。」
「あっ、剣道も段を持っています。県の大会では入賞はしませんでしたがベスト8に入りました。」

「はい。今日は資料はお持ちしていないのですが、英検も持ってます。」とお母様。
「この子は何事にも一生懸命な子で・・・。」

隣の会話がばしばしと聞こえてきます。


「いやーっ、君はすごいんだなぁ。」
まだまだ続きそうな雰囲気。
お母様が必死に何かを訴えています。

きっと、これが保護者推薦・・・。
そう思ってしまった、隣に座った受験生の母でした。
彼、推薦がとれているといいねっ。
# by watchsjp | 2006-01-18 09:39 | Trackback | Comments(2)

願書提出 !

出してきました!願書。
イヤーっ、初めての経験。前日から緊張 {{ (>_<) }}

私のイメージ。
願書提出 → 並ぶ → 前日から徹夜
いやいや・・・、それはないわよね。
9時から受付になっているけど、ほかの人たちはいったい何時ごろから並ぶのかしら・・・。
うわっ、どうしよう・・・。 (・ ・;))。。オロオロ。。''((;・ ・)
やっぱり9時前についていたほうがいいわよね。
手続きにはどのくらいの時間がかかるのかしら・・・。

取敢えず9時前にはつくように家をでました。
学校最寄の駅に降り立ち、周りを見るとみんながその学校に向かうような気がしてくる。
うわーっ・・・、こんなにいっぱい?
しかし・・・。
学校に向かって歩き出すと、私の前後には人がいない。
今度はいないことが心配。

えっ? もしかしてもっとみんな早かったりしちゃうわけ?
駅から少し距離のあるこの学校。
前回は長男と一緒に歩いていたため、距離や時間を感じなかった私。
今日はやけに長く歩いている気がする。(--;)
もしかして駅を間違えた?
もしかして通り過ぎた?
もしかして今日は提出の日じゃなかった?
えっ、えっ、えーーーーーっ。
引き返しちゃおうかなぁ・・・。
いやいや、引き返すなんて縁起でもない。
あっ、違った。(o・。・o)
引き返しちゃいけないのはお嫁入り道具の荷入れの時だったっけ。

ねぇねぇ、もう私1時間位歩いてない?
あーっ、泣きたくなってきちゃった。
なーんて心の中で自問自答しながら歩いていると・・・。

あったぁ!\(^O^)/
う・・・、うれしい。(/_;)
校内に入ると案内の先生が・・・。
「2階へどうぞ。」
「ありがとうございます。」

たくさんの人が来ているのかしら。
どうしよう、圧倒されちゃったら。
中に入ってびっくり(^。^;)
あらっ?これだけ?

第一回併願席。30席くらい用意されているかしら。
空いているいすは10席弱。
9時まであと15分。
ふぅぅぅぅぅーーーーーん。

ちゃんとした格好で行かないと!
スーツは私だけ?
ふぅぅぅぅぅーーーーーん。

9時前から手続きが始まり、かかった時間は数分。
「ご苦労様でした。頑張ってください。」
「はいっ!」
元気よく答えた母、私。

その待っているわずかな時間。
あーっ、いよいよなんだぁ・・・、そう思ったら泣きたくなってきた。
いやいや、こんな所で泣いてはいけません。


帰る道々、駅から封筒を抱えた中学生や保護者の方が続々と・・・。

はぁ、私が行くときにこの状況だったら余計などきどきなくて済んだのにねぇ。
# by watchsjp | 2006-01-13 09:02 | Trackback | Comments(0)

受験までの道のり  Ⅲ

三学期が始まりました。
明日は入試前最後の実力テスト。

風邪も流行ってきたみたいだし・・・。
まずは体調管理よね。


今日は推薦のお話。
我が家は《自己推薦》にて受験です。
自己推薦とは・・・。
北辰テストの偏差値がものを言うのよねぇ。
北辰テストは全員受験をするわけではないし強制でもないけど、まっ大半のお子さんが受けるかしらね。
内申のあまり良くない我が息子にとっては、ありがたーい北辰テスト。
北辰はあくまでも自分の意思で受けるもの。
その結果を持って自分を推薦しちゃうのが《自己推薦》

内申点で受験をするのが《学校推薦》
学校側でつける成績表。
その成績を保障しますよぉと推薦しちゃうのが《学校推薦》

『このままではまずい・・・(ーー;)かも・・・』、と夏休みにお世話になった塾に11月から再度塾にお世話になった長男。
この塾では聞かなかったけど、塾で太鼓判を押してくれる《塾推薦》
学校説明会の後そのまま個別相談に移った学校。
塾から先生方が来ていました。
「○○に通っている生徒さんは、×階の△△室に先生が待機しています。そちらで指示を受けてから個別相談に回ってください。」
これにはびっくり (*_*; したっけ。

塾を選ぶならこれも塾選びの要素のひとつ?・・・、と思っちゃいましたよ。

そしてもうひとつが《保護者推薦》
これは親が必死になるわよねぇ・・・。
親の一言で子供の将来が決まるかもしれないのですから・・・。
# by watchsjp | 2006-01-11 01:23 | Trackback | Comments(0)

受験までの道のり Ⅱ

あらーっ。もう冬休みもおしまい。
2週間後には1校目の試験です。

今日は試験前最後の北辰。
本人曰く、「できた。」
と言うことは・・・、みんなできたんじゃないの?
って疑いたくなっちゃうのよねぇ・・・、って失礼な話だったかしら・・・。


今日は個別相談のお話。
個別は2校に参加。まったく違っていたっけ。

1校目ははがきで事前に予約を取ってから。
高校所定のはがきに希望の日時を第3希望まで記入して投函。
説明会では確約の詳細についてはまったく情報なし。
行って初めて具体的な基準がわかる。

会場に行くと、相談のための席が16くらいあったでしょうか。
「○番の席に行ってください。」
「よろしくおねがいします。」
「では、成績表を出してください。」
・・・・・・・。
「この内申でこの北辰の結果ですか?」
そうです。
北辰の結果はいいのですよ。

もう1校は説明会の後そのまま個別相談の会場に・・・。
説明会の席上で詳細の説明あり。
よかった・・・。
成績表関係持参してて・・・。
説明会到着順に席を指定されたこの学校。
到着順に個別も行われる。
いやーっ、時間を多く見積もっていたためちょっと早く着いちゃってたんだよね。
それが良かった。
早く順番回ってきたし。
「次の方どうぞ。」
あらら、病院の待合室みたい。(^_^)
「何で推薦を希望しますか?」
「北辰で。」
・・・・・・。
「はい。申し分ありません。」


確約の基準もいろいろ。
内申については両校とも5教科の合計。
北辰の結果が違ってた。
個別相談直前3回・3教科の平均が規定以上あることが条件の1校目。
3年生になってから、一度でも規定の偏差値を超えていればOKの2校目。
プラス漢検・英検・数検3級以上については、ひとつにつき1点加算されるとのこと。

これらの条件。
できればもっと早い時点での情報がほしいわよねぇ・・・。

次回のお話は・・・。
推薦制度について。
# by watchsjp | 2006-01-09 01:21 | Trackback | Comments(0)