楽しく子育てしましょう ♪

mamanikki.exblog.jp

日々起こる数々の出来事や過去の出来事を日記にしました。リンクフリーです♪

ブログトップ

文化祭

いやいやっ、何年ぶり?
文化祭なんぞ行ってきてしまいました。
先日見学に行った学校です。


生徒たちがいるということは、学校説明会・学校見学とはぜんぜん違う。
《文化祭》という、お祭り。活気がいっぱい。
生徒たちも楽しそう♪
おっ!長男。
この雰囲気にのまれてるぞ(*^_^*)
来年、この中に入れるといいねぇ。
そんなことばかり考える母。

学校説明会は先生の熱意が充分伝わってくるもの。
学校見学は本来の学校が見えるもの。
そして・・・。
文化祭は生徒たちの活気が伝わってくるもの♪
私はそう感じました。
行きたい学校があるのなら、説明会だけじゃなく見学も文化祭を見に行くことも必要(*^^)v
そんな風に思ってしまいました。


しっかし・・・。
階段のほこり・・・。
箒で掃いたら、ごみの袋いっぱいになるかなぁ・・・、そんな事を考えながら校内を歩き回ったいち主婦でした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-09-05 08:22 | Trackback | Comments(0)

やっと? それとももう?

ホント毎日の食事の支度って大変だったワァ。
お給食ってありがたいわねぇ・・・。
いつも実感する事です。

夏休み。
終わっちゃったねぇ。
きっと君たちは、
「あーあ、もう終わっちゃった。」って思っているでしょ。

宿題をためてしまった君。
そうそう、我が家の次男君。
まっ、最初はね怪我しちゃってたからね、思うように何もできなかったはず。
8月になってあせったよねぇ。
毎日、
「ほらっ、もう夏休みが終わるよぉ。」
言われてたよねぇ。

のんびりのんびり過ごしちゃった君。
何もしないうちに過ぎちゃったよ、42日間。

勉強を充分にした君。
《やっと》って思ってる?
やっぱり、《もう》って感じてない?


母の立場から言えば、毎日の三食の支度は大変だったから、
「やっと夏休みが終わってくれた。」って思うし・・・。
宿題が完備していない状態を見て、
「キャーッ、もう終わっちゃうー。」って思ったし。


いよいよ2学期。
我が家の受験生君。
もう2学期? と思うか、まだ2学期と思うかはこれからの努力次第だね。
母は、まだまだ2学期って思っています。
[PR]
# by watchsjp | 2005-09-02 20:54 | Trackback | Comments(0)

夏休み終了(^O^)/

終わった、終わった、夏休み。
なんだか今までで一番ばたばたとした夏休みだった感じです。
まっ、計画性を持って行動しない私がいけないのですが・・・。

「わっ! 成績表コピーするの忘れてた!」
最後に来て思い出しちゃいました。
この成績表。
どこかに落とした時、自慢のできるような数字が並んでいればいいわねっ。
しかーーーーーーーし ! !
そうではない我が家は、『近所のコンビニでコピーなんてとんでもない ! !』 
仕事帰り、我が家から自転車で25分もかかるコンビニでコピーしちゃいました。(-_-;)
このコピーはとっても重要なんだよーっ。


そして明日は実力テスト。
北辰形式、40点満点のテストになるそうです。
さすがに対策テキストを片手に、必死にお勉強をしておりました。

さらに、4日の日曜日は入試を左右する《北辰テスト》
「今回の北辰は、今までのどの北辰よりずっと大切らしいよ。」
もちろん今までよりも受験人数はぐっと増えるらしい。
ここで行きたい学校の結果が《安全圏》に入ってくれれば・・・。

すべてが自信につながるんだけどなぁ。


さすがに今回は危機感を覚え、必死に取り組んでいる長男であります。
[PR]
# by watchsjp | 2005-09-02 01:20 | Trackback | Comments(0)
すっごーい!どうしてそんな事できちゃうわけ?\(◎o◎)/!

お初でした。球舞。
大変申し訳ないことに、存在すら知らなかった私。

ここに参加している9歳のボク。
大人顔負けのボールさばきです。

インタビューしました。
「やってて楽しい?」
「うんっ、楽しい(^O^)/」

「好き?」
「うん。大好き。\(^o^)/」


子供の「好き」は上達の第一歩。
君はもっともっと上手になるよ。
何事も楽しいと思ってやっていると、どんなに大変な事でも苦痛に思わない。
だからね、たくさんのことを吸収できるんだよ。
おばさんは、今日から君の応援団になってしまいました。
これからもどんどん成長してください。


撮ってきたビデオ。、
家に帰ってすぐに子供達に見せました。
私同様、\(◎o◎)/ ← こーんなに目がまん丸になってしました。
「まだ9歳だって。すごいねぇ。」
「うーん!すごい!」

長男には大きな夢があります。
好きなことだから頑張れるんだって。

ほらっ、ほらっ。
そこにいる次男君。
君だよ、君。
君のやりたい事。夢。
見つかるといいねぇ。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-30 01:00 | Trackback | Comments(0)
今日は《北浦和まつり》でした。
やっぱり、お祭って楽しいねっ(^O^)/
うきうきしちゃうっ。o(^o^)oウキウキ


受験生の長男。
「勉強しますからボクも手伝いに行かせてください。」
勉強?
ホントにする?
約束だからねっ。


「長男です。よろしくお願いします。」
「あっ、受験生なので時間は2時くらいまでという事で。」


でーっかい声での呼び込みをしていたのは知っていました。
「いかがっすかぁ。\(^O^)/」

「イヤーっ、面白かったよ。『心も体もあったまるもつ煮、いかがっすかぁ。』って呼び込みしてくれて。」
へっ?
そんな呼び込みしちゃってたの?
心も体もあったまるねぇ・・・。
今日って暑かったよねぇ・・・。
あれーっ・・・。
体、あったまりたくなく気がするのは私だけ?
あっちゃーっ(-"- )


お世話をいただきました皆様。
ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
ご迷惑おかけしませんでしたか?

長男はというと、とてもご満悦のようでした。


そしてご報告です。
長男は私が家に帰るとちゃんとお勉強しておりました。v(^o^)
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-29 01:00 | Trackback | Comments(5)

学校選び

私たちは転勤族の家族。
異動の辞令がでると2週間くらいの間にお引越しをしなければなりません。

社宅がある時はよかった。
5年前自社社宅がなくなり、借り上げ社宅制度になってからが大変でした。

何を基準に選ぶか。
主人の会社へのアクセス?
間取り?
広さ?
築?
いえいえ。私が一番に考えたのは学校。
子供達が転校生を快く受け入れてくれる学校。
何かあった時、どれだけ学校側が親身になって対応してくれるか。
そんな事を考えながら学校を選びました。

まず、市役所に聞きました。
「どの学校もすばらしい学校です。」
えっ?答えになってないじゃない。

じゃあ今度は不動産屋さん。
「《お勉強》のA校B校。《体育》C校。《課外授業》のD校と言われてますよ。」

へぇっ、そうなんだぁ。
じゃあ私は・・・。
《課外授業》のD校の学区で探す事にしました。

その地区は田んぼ・田んぼ・田んぼ。
グラウンドは広く、周りに高い建物もありません。
なんか・・・、***ほのぼのーっ***
うんっ、いいかも(*^^)v


転校初日。
応接室でお話を伺っていると廊下から子供達の声。

ガラッ ! !
「君が転校生? 僕の名前は××。よろしくっ。」
「ボクはねぇ・・・。」「わたしは・・・。」
この光景に泣きそうな母。
よかった、この学校を選んで。


確かに学校生活は楽しかったようです。
しっかし・・・。
その後の転校で教育のギャップの差に悩んだ母でした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-26 00:59 | Trackback | Comments(0)

「もう大丈夫。○だよぉ。何してもいいからねっ。(^O^)」

おっ ! 骨折してちょうど1ヵ月。
足の固定取れたぁ。
部活も行っていいって。
よかった。(*^^)v

次男はバド部。
手はまだまだ通院が必要。
ラケットはまだ無理ねっ。
まっ、1ヵ月何もしなかったんだから。
筋トレに励もう。(^O^)/
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-24 01:09 | Trackback | Comments(0)
志望校の選択ってむずかしい。
ここはたくさんの学校のある地域。だから選ぶという事ができる。
しかし・・・。場所によっては選択するほど学校がなく、子供の成績によって必然的に行ける学校が決まってしまう。

そう言えば・・・、進路説明会の時だっけ。
「いいよなぁ、君たちは。たくさんの学校から選ぶ事ができて。
ボクなんて高校に行くか、働くかの選択しかなかったんだぞ。」
と先生。
おーーーっ。
そうなんだぁ(o・。・o)


我が家の選ぶ基準。
まずは水泳部のある学校を探し始めた。
うーん。サッカー部や野球部はあるのよねぇ。
水泳部って少ないんだぁ。


そしてランクと偏差値。

(°ー°)(。_。)ウンウン。ここは大丈夫。

えーっ\(◎o◎)/! 
ここは天地がひっくり返っても無理でしょう ! !

うーんここは・・・。(ー_ー )ノ"
できれば避けたい。
(・・・って、これは親の意識の問題の何者でもないわね。)

そして学校のパンフレットを見ながらさらに研究。
(高校進学フェアでたっくさんいただいてきちゃいました。)
もちろん、説明会は絶対に行かなくちゃねっ。


親の考えと子供の考えは違って当然。
幸いにも我が家は長男と私、行きたい学校と行かせたい学校が一致。
あとは当人の頑張りのみ。

でもね、これがなかなか一致しないらしい。
親としては、
「ここの学校はあなたのためにいいと思うのよ。」
そう言いたいんだな。
でもね・・・。もしだめだった時ね、
「お母さんのせいだぞ。」
入ってから楽しくない高校生活送られても、
「自分の思うとおりにすればよかった。」


まっ、経験者の方の多くに言われたこと。
「本人の行きたい学校に行かせるのが一番よ。」
自分自身で決めたことだから、文句は言えないはず。
子供の意思の尊重。
親としてはね、それが一番難しいところなのですよ。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-21 01:25 | Trackback | Comments(0)

エンジン

「☆☆くんと同じ学校に行きたい ! !」
そう言ったのは今年の3月の事でした。
それまでは高校受験というものにまったく関心のなかった長男。
3年生を目前にして、この子はどうするのだろう…、そう思っていた矢先のことでした。


☆☆くんとは長男が一番憧れている先輩です。
彼は性格がいい。成績もいい。泳げば早い。背も高いしかっこいいし。
うーん・・・。うちの息子もこんな風に育ってくれないかしら・・・。
いやいや、それはいいとして・・・。


第一志望の学校見学。幸いにも水泳部が活動中でした。
「お邪魔します。見学させていただいてもよろしいでしょうか。」
「どうぞ、どうぞ。」

という事で見学開始。

長男   「あっ ! ☆☆君がいた ! !」と嬉しそう。
先生   「知り合い?」
長男   「はい。」
先生   「おーい、☆☆。知り合いが来てるぞ~。」

☆☆君 「あれ?」
母    「こんにちは。見学させてね。」
☆☆君 「はいっ !」
キラリと輝くさわやかな笑顔(*^^)v

先生   「どうぞ座ってゆっくり見学してください。」
まぁまぁ。イスまで出していただいちゃって。

先生   「ここの水泳部はね強いわけではないんだよ。
      だからみんなのびのびと泳ぐことができるんだ。
      もし、水泳で上を目指したいなら私立の高校のほうがいいけどね。」
そして、
先生   「今から頑張って一生懸命勉強してきてください。
      来年、入部してくれるの待ってますよ。」

みんな楽しそうに泳いでいます。
楽しい部活の経験のない長男。
そうだよ、これが部活なんだよ。仲間がいるからつらい練習も頑張れるんだから。

そして帰るとき、プールの中にいた高校生たち。
「さようならーっ。」
元気にあいさつをしてくれました。


「お母さん。ぼくこの学校に入りたい。なんか勉強したくなってきちゃった。」
そりゃ、大変だ。(◎-◎;)
早く帰らないと ! !

エンジンがかかったかぁ?
まだまだ長い道のり。エンストなんておこさないでね。
このまま持続してくれる事を願う母です。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-19 01:39 | Trackback | Comments(0)

学校見学

行ってきました、学校見学。
学校説明会と違い、個人で学校に申し込みをし時間の約束をして行きます。

今回の学校。
長男の第一志望校。そりゃ、気合が入る、入る。
地図を片手に自転車で片道45分もかかってしまいました。
よかった・・・、多めに時間を見積もっておいて。

学校到着、お約束の10分前。
その日に予約をしていたのは私たちを含め4組。
約束の時間になったのにあと2組来ないし・・・。
「時間なので始めましょう。」

15分程してからでしょうか。
残りの2人到着。お友達同士でした。

うーん。
学校見学でしょ。約束をしているのでしょ。行きたい学校なのでしょ。
やっぱり時間は守ったほうがいいと思うよ。(受験生の母の心の声。)

学校説明会と違って少人数。
ゆっくり話を聞くことができたし。


「学校は見に行ったとき、行きたい学校とやっぱりやめようかなという学校の違いがわかるよ。」
そうかなぁ。
今まで2校行ったけど、ピンと来るものなかったよ。
高校進学フェアの時も話を聞いたけど、この時もピンと来なかったな。


来た、来た。
ちょっと、いい感じ。
ううん、ちょっといい感じなんてもんじゃない。
ここの学校がいいな。
絶対に長男にあってると思う。今までのどの学校より。


水泳部の活動も見てきました。
長男の目がきらきら輝き始めた瞬間でした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-16 00:21 | Trackback | Comments(0)