楽しく子育てしましょう ♪

mamanikki.exblog.jp

日々起こる数々の出来事や過去の出来事を日記にしました。リンクフリーです♪

ブログトップ
長男が夕食をぬいた翌朝の事。
明け方、私は足がつって目が覚めました。(☆o☆)

い・・・、痛い ( ̄∇ ̄; !!
ふっと頭をよぎった事は、長男が夕食を抜いたということ。
食べることだけが楽しみのような長男が、夕食を抜いたということ。

うっ・・・、これは長男ののろいだ・・・。
そう思ってしまった母でした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-07-14 01:17 | Trackback | Comments(0)

むかつく(ーー;)

まったく。長男にはむかつく ! !

先週の話。期末テストの結果が返ってきました。
長男中学三年生。点数を見てへらへらしている余裕はないはず。
テストが返ってきたら・・・。点数を見たら・・・。
勉強しようという気にならないものかしらねぇ。

「ねぇ。なんでメールばかりしてるわけ? 勉強したら?」
重い腰は上がらない。

「いい加減にしなよ。勉強 ! !」

そうしているうちに次男が行動を起こし始めた。
しかし、まだまだ重い腰は上がらない。

「子供って言うのはね、勉強する事が仕事なんだよ。
メールやゲームをすることは大切じゃないわけ。
それがわからないなら勉強しなくていいから。
そのかわり、私はあなたのために何もしないからね。」

無視かい ! !
上等じゃないさ。

翌日、いつもの時間に起こしませんでした。
「今日休み?」
いつもより15分遅くに声をかけました。
慌てて飛び起きた長男。
「食事をしたら、ちゃんと片付けて行ってね。」

流しの中には、食べ終わった食器がそのまま。
「片付けは?」
「時間がないから仕方ないだろ !」

カッチーン !
なんだ? その口の利き方は ! !


その日の夜、食事の支度はしました。
あとはセルフで。
しかし、長男は食事をしません。


そして、そしてその翌朝。
いつもより早く起床してきた長男。
あっちのイスに座りため息。
こっちのイスに座りため息。
それでも私は長男のために食事の準備をしませんでした。

イスから立ち歩き出すと、あっちの壁にぶつかり、こっちの壁にぶつかり。
一食抜いたくらいでおおげさな。
いやっ、待てよ。このまま学校に行かせるとなると・・・。
きっと学校でも同じような事をし、保健室に行っちゃったりして・・・。
お給食の時間、ここぞとばかりにがつがつされても・・・。
うげっ。それは避けたいし。


「ねぇ、謝るのと飢え死にするのとどっちとる?」
「×※▲○$☆¥・・・・・・・。」
「はぁ? わからない。」
「×※▲○$☆い・・・・・・・。」
「聞こえない! !」
「ごめんなさい。」
「何が ! !」
「反抗的で。」
「んで? どうするわけ?」
「ちゃんと勉強します。」
「あとは?」
「反抗的な態度は取りません。」

「早くご飯食べなさい。」
その瞬間から、にっこにっこしながら、べらべらしゃべりながら食事をし始めた長男でした。

あいつは何者?
[PR]
# by watchsjp | 2005-07-12 11:23 | Trackback | Comments(0)

大会

昨日・今日と続けて大会です。

骨折した日から1ヵ月半。練習をお休みしたのがまるまる3週間。
練習再開したものの、すぐに期末テスト。またまた練習はお休み。

手の筋力はなくなり、練習を再開したもののタイムが出ない。
片手の筋力が落ちるということは、両手になった時均等に力が入らないという事。
まっすぐに泳ぐことができないらしい。
ちょっと泳ぐとコースロープに引っかかり・・・、軌道修正してして再開するとまたまた引っかかる。

どうする?
残念。どうにもならないし。

そして昨日の大会当日。
ベストは出なかったものの、よくぞここまで戻したね・・・、というところまで頑張っていました。
今日は、学校からエントリーをさせていただく大会。
本当は、県大会を狙っていたのですが・・・。
無理ね。
まっ、仕方ないか。

今日は、いっぱい頑張ってもらえるようにお弁当は長男の大好きな『うなぎのおすし』弁当にしました。
結果は・・・。期待しない事にしましょう。
練習をしてなかったからね。
・・・、って負け惜しみに聞こえる?
[PR]
# by watchsjp | 2005-07-11 10:12 | Trackback | Comments(0)

読書

「読書をしましょう。」

朝の情報番組で読書の必要性の話をしていました。
今の子供達。活字に向き合う時間が少ないとのこと。
結果、頭の中で言葉が浮かんでこない。喧嘩になった時、言い返す言葉が見つからない。だから切れてしまうのだそうです。

我が家の長男。何の本を読んでいるのかは知りませんが、年間図書室で借りてくる本は150冊以上。
常に通学カバンはバンバンの状態です。おかげでファスナーが壊れて修理に出す事になっちゃったけど・・・。
あっ・・・、これはいいとして・・・。


三歳になってもなかなかおしゃべりをしなかった長男。
仮死状態で生まれたため、どこかに欠陥でもあるのかしら・・・。
かなり心配をしました。

なんの・・・、なんの。
今では、
「この子はお口から生まれちゃったわけ?」
お口は非常に達者です。

体格は平均以上の長男。
どうもからかわれやすい性格のよう。
最初は無視。しかし、相手はどんどんエキサイトしてくるでしょ。
カッチーン ! !
手は出しちゃいけない・・・、常に頭の中にある長男。
そうなると・・・。
まぁまぁ言い返すったら。
ありゃりゃ・・・。そこまで言わなくても。
となると相手はたまったものではないらしく、もっとカッチーン ! !
しかし、言い返す事ができない。
そこで一発。ボッカーン ! !
みぞおちを殴られて撃沈。
石が頭に当たって撃沈。
またまた石が顔に当たって撃沈。
何度撃沈してきた事でしょうか。

撃沈した子供の母の立場で物を言わせていただくと、
「手を出さずにお口で言い返しなさい。」
口で返すって難しい事なのかな。
まぁそれ以前に、友好的なつもりじゃないならからかわないでと言いたいのですが。


読書のおかげで言い返すだけの言葉を持っているのかはわかりませんが、読書をすることはいいこと。
これからも続けてほしいものです。
できればためになる本をねっ。
d0030894_837253.jpg

[PR]
# by watchsjp | 2005-06-19 08:38 | Trackback | Comments(0)

骨折Ⅱ

話には聞いていました・・・。
ギプスが取れた後の恐怖・・・。
長男の骨折箇所は右手の薬指。
手よねぇ・・・。ギプスは2週間弱よねぇ・・・。
でも・・・。
ギプスの取れた手から、足のにおいがした(ーー;)
く・・・、くさい。
たまりませーん。(T_T)
「一週間は取れないよぉ。」
えーーーーーーーーっ !!!!!!!!!
冗談でしょ !!!!!

さすがにお風呂一緒に・・・、とはいかないので洗面でゴッシゴシ洗ってあげました。
少しはにおい取れたかなぁ・・・。
[PR]
# by watchsjp | 2005-06-11 20:52 | Trackback | Comments(0)

骨折

長男が骨折をしてから2週間が経ちました。
最初の診断では、全治1ヵ月半。
うーん・・・。


経過。超順調。今日ギプスが取れました。(*^^)v 
整形外科の先生曰く、
「驚異的だね。」
まだ完全ではないものの、ほぼついているそうです。

この2週間。食事にとにかく気を使いました。
骨折の時の食事。インターネットで調べて・・・。
カルシウムを多く取れるように。
牛乳は最高の食品との事。しかし、取りすぎはカロリー摂取オーバーになるし・・・。
我が家は低脂肪乳に変えました。
う・・・、うすい・・・。(ーー;)

「酸っぱいからあまり好きじゃない。」
それはヨーグルト。
毎朝、冷凍にしたバナナと一緒にミキサーにかけ、ヨーグルトドリンクの完成。

ハムやインスタント食品はリンが多く含まれているため、カルシウムの流出を招くそうです。
小腹がすいた時お手軽に食べてしまっていたカップ麺。
禁止 ! !

糖分の取りすぎもカルシウムの吸収を悪くする。

ビタミンD。
カルシウムの吸収をよくするそうです。
ビタミンDが多く含まれる食品は、魚介類。

カルシウムの吸収・沈着、骨の形成には、たんぱく質(コラーゲン)・無機質・ビタミン(C・K)が必要。
ビタミンCはかんきつ類の果物・緑黄色野菜・イモ類に。
ビタミンKは納豆・緑黄色野菜に。


久々に栄養についてお勉強をしていまいました。
その甲斐あってか、効果はてき面。
早く完治ししそうでよかったね、おにいちゃん。
d0030894_2358334.jpg

[PR]
# by watchsjp | 2005-06-10 23:54 | Trackback(1) | Comments(0)
木曜日は久々のお休みでした。のんびりモードで家にいた私。そこに電話が・・・。

「もしもし、××中学の保健室です。」
「あっ、いつもお世話になりましてありがとうございます。」
「○○クン、突き指しちゃったみたいです。あまり痛いというので今日このあと病院に行っていただいていいですか?」

あらら・・・。

即家を出て学校に向かいました。そのまま整形外科へ・・・。

「どこが痛いの?」
「こことここが・・・。」
「取敢えずレントゲンを撮ってみましょう。」


「○○さーん。」
呼ばれて診察室に入ると、
「うーん。ちょっとわかりづらいんだけどね。骨折かなぁ・・・。」

えっ? 骨折? そりゃ痛いじゃない。
それからが大変。
熱でも出しちゃったらどうしよう・・・。
寝返りをうって壁に手を打ちつけたらどうしよう・・・。
あまりに気になるので、その日の夜は私の隣に布団を敷き寝かせる事にしました。
うーん・・・。
私って過保護・・・。
壁にぶつかる音がすると目が覚め、寝返りをうっては手が下になっていないか気になり・・・。
おかげでほとんど寝ることができませんでした。


翌日、登校前に病院に行きました。
「ほら、ここ。骨が欠けているのがわかりますか? 影がしっかり見えてますよね。」

「このあたりかなぁ? 痛いのは。」
先生がちょっとその部分をおすと・・・。
「おーーーーーーーーーー(〇o〇;))))!!」
そりゃ大騒ぎ。
「君は怖がりだなぁ。(^▽^) ハッハッハ」

全治1ヵ月半。
2週間後の大会はパス。
7月の体育大会には間に合うかなぁ・・・。
大会に出場する事を楽しみにしている長男。
今日も朝から骨強化のため、牛乳がぶ飲みでした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-05-29 01:29 | Trackback | Comments(0)

やっちゃった(-_-;)

「○○さん、お子さんから聞いた?」声をかけられました。
えっ? 何?
「うちの子何しました? ご迷惑かけました? ごめんなさい。何も聞いてなくて・・・。」

「ううん。違うのよ。二人でキックボクシングごっこしてたらしいんだけど、うちの子が蹴り上げた時○○クンに足を払われて転んだらしいのよ。
たまたまバランスくずして顔面から廊下に落ちちゃって。」
えーっ ! !
「ごめん。全然聞いてなかった。で、具合は?」

「それは大丈夫なんだけど、○○クンは怪我してなかった?」

うちの息子は無傷。
しかし、わざとじゃなくても相手に怪我をさせて黙っている事がいけない事じゃない。

家に帰って自分から言い出すのを待ってみました。
言わないし・・・(-_-;)
とうとうしびれを切らして言いました。
「何か報告する事あるでしょ。」

「えっ? テストの出来?」
「(ーー;) 違います。」
「●●君の事だけど、報告することあるでしょ。」

話を聞くと二人でふざけあっていたらしく、顔面から転んだ後相手のお子さんはすぐ顔を冷やし行ってしまったとの事。
「大丈夫?」と聞くと、
「大丈夫だよ。」そう言ってくれたらしい。
そのまま朝の会へ・・・。
違うクラスだったため、そのお友達の顔がだんだん腫れて病院に行く為に早退した事を知らなかったって。
土・日をはさんで学校に行ったら・・・。
相手のお友達の顔がパンダちゃんのようになっていた。
さすがに長男はびっくりしたらしい。

「わざとじゃなくても相手が怪我をしちゃったんだからね。ちゃんと謝らなくちゃね。」
そう言った私に、
「わかってるよ。今日も謝った。」

お友達のご自宅に電話をしました。
相手のお母様はこう言ってくれました。

「ごめんね。告げ口したみたいになっちゃったね。
でもね、○○クンは悪くないのよ。2人でふざけていただけだから。
他の見ていた子供達もそう言ってたし。だから叱ったりしないで。
もしかして○○クンも怪我をしていないか心配だったのよ。ごめんね。」


いえいえ。
話をしてもらわなかったら私は知らないまま過ごしていました。
例えわざとじゃなくても、結果的に怪我をさせてしまったのは我が息子。
ちゃんと謝らないとね。

話をしてくれてありがとう。
[PR]
# by watchsjp | 2005-05-28 01:27 | Trackback | Comments(0)

そして先生は・・・。

学校にお任せしよう ! ! そう思いながらもどこかで心配をしていた私。本当に先生はちゃんと対応をしてくれるのかしら・・・。

今まで地方を転々としてきた私。その土地土地の学校で起こっている出来事。いろいろと聞いてきました。学校崩壊。先生がいくら言っても子供達は聞かない。保護者が毎日交代で授業を監視に行く学校。先生の交代を余儀なくさせられてしまった学校。ここの学校は?

翌日放課後、私は学校に行ってきました。担任の先生に直接お会いしてきました。理科室に通された私。先生の手にはたくさんの紙が・・・。

「今日家での様子はいかがでしたか?」
「今日は学校に行かないからちゃんと勉強しなさいねっ、そう言ったらおとなしく勉強していました。」


「放課後、全員を残して話をしました。○○は今日どうして休んでいるかわかるか? そう話しました。
子供達はまさか学校を休むほど悩んでいるとは思わなかったそうです。
僕は○○が悩んでいる事も大変な事と思って話をしましたが、いじめをしている本人たちが悪い事をしていると気づいていない事が一番いけないことだと思いました。周りで気づきながら見ぬふりをしている子供達がいけないと思いました。
お見せするわけにはいきませんが、全員に反省文を書かせました。
いじめた子供達は、○○君に申し訳なかったと書いてあります。
見ていた子は、気づいていたのに何もしなくてごめんなさいと書いてあります。
気づかなかった子は、気づかなくてごめんなさいと書いてあります。」
そう言って持っていたたくさんの紙の束をバラバラとめくって見せてくださいました。
チラッと見えた一枚にこう書かれていました。

「気づいていたのに何もしなくてごめんなさい。」と・・・。


私はほっとしました。先生に感謝しました。この先どうなるかわからないけど、私はこの先生にお任せをしていいのではと思いました。
悪いと反省をしてくれたお友達を信じてみようと思いました。

家に帰り長男に話しました。
「みんな反省文を書いてくれてね。悪かったって書いてあったよ。○○がそこまで悩んでいると思わなかったんだって。」
長男は言いました。
「わかった。」

そんな話をしている時でした。電話が鳴り・・・。担任の先生からです。
長男に色々と話をしてくれました。そしてひとつお願い事をしてくれました。
「席替えをするから座席表を作ってくれないか?」
長男は人に物を頼まれると喜んじゃう性格。
「先生が僕に座席表作ってほしいって言ってたよ。」
この日からしばらくの間、先生からのお電話が続きました。

そして週明けの月曜日。いつも通りに学校に行った長男。
帰ってきて言いました。
「お母さん。みんながごめんねって謝ってくれたんだ。」
その顔は嬉しそうでした。

先生、ありがとうございました。
ご相談してよかった。本当に感謝しています。
いまどきの学校。捨てたもんじゃないねっ。
[PR]
# by watchsjp | 2005-05-23 01:39 | Trackback | Comments(0)

どうする・・・。

「学校休んでいいですか?」って・・・。いったい何があったの?
さすがにびっくりしてしまった私です。

「これ以上我慢できないかもしれない。明日行ったらお母さんとの約束を破るかもしれない。」
えっ?
「明日また同じ事されたら、女の子を泣かせるかもしれない。」
ええっ?

これはちゃんと話を聞かなければいけない・・・。
今までの話を聞きました。なんでもっと早くに話してくれなかったのだろう・・・。
「何でもっと早くに言わなかった?」
「お母さんが心配すると思ったから。」
私は長男の前で泣けてしまいました。この子はずっと1人で悩んでいた事に気づかなかった自分に腹が立ちました。

このままではいけない。
学校の中での事はやはり学校に相談すべき、私はそう思いました。
「先生にこの事、話してもいいかな・・・。」

即、担任の先生にお電話しました。
電話口に出られた先生はびっくりされていました。
そして、
「この話をクラスの子供達にしてもいいですか? いじめられていた○○君も大変だったと思います。しかし、いじめている子供達のことも気になります。任せていただけますか?」
長男の事は私が何とかしよう。でも、学校で起こっている事は先生にお任せをするしかないかもしれない・・・。
私は先生にお任せをすることにしました。

そして翌日、長男は学校をお休みました。
[PR]
# by watchsjp | 2005-05-19 23:06 | 学校 | Trackback | Comments(0)