楽しく子育てしましょう ♪

mamanikki.exblog.jp

日々起こる数々の出来事や過去の出来事を日記にしました。リンクフリーです♪

ブログトップ

学校選び

私たちは転勤族の家族。
異動の辞令がでると2週間くらいの間にお引越しをしなければなりません。

社宅がある時はよかった。
5年前自社社宅がなくなり、借り上げ社宅制度になってからが大変でした。

何を基準に選ぶか。
主人の会社へのアクセス?
間取り?
広さ?
築?
いえいえ。私が一番に考えたのは学校。
子供達が転校生を快く受け入れてくれる学校。
何かあった時、どれだけ学校側が親身になって対応してくれるか。
そんな事を考えながら学校を選びました。

まず、市役所に聞きました。
「どの学校もすばらしい学校です。」
えっ?答えになってないじゃない。

じゃあ今度は不動産屋さん。
「《お勉強》のA校B校。《体育》C校。《課外授業》のD校と言われてますよ。」

へぇっ、そうなんだぁ。
じゃあ私は・・・。
《課外授業》のD校の学区で探す事にしました。

その地区は田んぼ・田んぼ・田んぼ。
グラウンドは広く、周りに高い建物もありません。
なんか・・・、***ほのぼのーっ***
うんっ、いいかも(*^^)v


転校初日。
応接室でお話を伺っていると廊下から子供達の声。

ガラッ ! !
「君が転校生? 僕の名前は××。よろしくっ。」
「ボクはねぇ・・・。」「わたしは・・・。」
この光景に泣きそうな母。
よかった、この学校を選んで。


確かに学校生活は楽しかったようです。
しっかし・・・。
その後の転校で教育のギャップの差に悩んだ母でした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-26 00:59 | Trackback | Comments(0)

「もう大丈夫。○だよぉ。何してもいいからねっ。(^O^)」

おっ ! 骨折してちょうど1ヵ月。
足の固定取れたぁ。
部活も行っていいって。
よかった。(*^^)v

次男はバド部。
手はまだまだ通院が必要。
ラケットはまだ無理ねっ。
まっ、1ヵ月何もしなかったんだから。
筋トレに励もう。(^O^)/
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-24 01:09 | Trackback | Comments(0)
志望校の選択ってむずかしい。
ここはたくさんの学校のある地域。だから選ぶという事ができる。
しかし・・・。場所によっては選択するほど学校がなく、子供の成績によって必然的に行ける学校が決まってしまう。

そう言えば・・・、進路説明会の時だっけ。
「いいよなぁ、君たちは。たくさんの学校から選ぶ事ができて。
ボクなんて高校に行くか、働くかの選択しかなかったんだぞ。」
と先生。
おーーーっ。
そうなんだぁ(o・。・o)


我が家の選ぶ基準。
まずは水泳部のある学校を探し始めた。
うーん。サッカー部や野球部はあるのよねぇ。
水泳部って少ないんだぁ。


そしてランクと偏差値。

(°ー°)(。_。)ウンウン。ここは大丈夫。

えーっ\(◎o◎)/! 
ここは天地がひっくり返っても無理でしょう ! !

うーんここは・・・。(ー_ー )ノ"
できれば避けたい。
(・・・って、これは親の意識の問題の何者でもないわね。)

そして学校のパンフレットを見ながらさらに研究。
(高校進学フェアでたっくさんいただいてきちゃいました。)
もちろん、説明会は絶対に行かなくちゃねっ。


親の考えと子供の考えは違って当然。
幸いにも我が家は長男と私、行きたい学校と行かせたい学校が一致。
あとは当人の頑張りのみ。

でもね、これがなかなか一致しないらしい。
親としては、
「ここの学校はあなたのためにいいと思うのよ。」
そう言いたいんだな。
でもね・・・。もしだめだった時ね、
「お母さんのせいだぞ。」
入ってから楽しくない高校生活送られても、
「自分の思うとおりにすればよかった。」


まっ、経験者の方の多くに言われたこと。
「本人の行きたい学校に行かせるのが一番よ。」
自分自身で決めたことだから、文句は言えないはず。
子供の意思の尊重。
親としてはね、それが一番難しいところなのですよ。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-21 01:25 | Trackback | Comments(0)

エンジン

「☆☆くんと同じ学校に行きたい ! !」
そう言ったのは今年の3月の事でした。
それまでは高校受験というものにまったく関心のなかった長男。
3年生を目前にして、この子はどうするのだろう…、そう思っていた矢先のことでした。


☆☆くんとは長男が一番憧れている先輩です。
彼は性格がいい。成績もいい。泳げば早い。背も高いしかっこいいし。
うーん・・・。うちの息子もこんな風に育ってくれないかしら・・・。
いやいや、それはいいとして・・・。


第一志望の学校見学。幸いにも水泳部が活動中でした。
「お邪魔します。見学させていただいてもよろしいでしょうか。」
「どうぞ、どうぞ。」

という事で見学開始。

長男   「あっ ! ☆☆君がいた ! !」と嬉しそう。
先生   「知り合い?」
長男   「はい。」
先生   「おーい、☆☆。知り合いが来てるぞ~。」

☆☆君 「あれ?」
母    「こんにちは。見学させてね。」
☆☆君 「はいっ !」
キラリと輝くさわやかな笑顔(*^^)v

先生   「どうぞ座ってゆっくり見学してください。」
まぁまぁ。イスまで出していただいちゃって。

先生   「ここの水泳部はね強いわけではないんだよ。
      だからみんなのびのびと泳ぐことができるんだ。
      もし、水泳で上を目指したいなら私立の高校のほうがいいけどね。」
そして、
先生   「今から頑張って一生懸命勉強してきてください。
      来年、入部してくれるの待ってますよ。」

みんな楽しそうに泳いでいます。
楽しい部活の経験のない長男。
そうだよ、これが部活なんだよ。仲間がいるからつらい練習も頑張れるんだから。

そして帰るとき、プールの中にいた高校生たち。
「さようならーっ。」
元気にあいさつをしてくれました。


「お母さん。ぼくこの学校に入りたい。なんか勉強したくなってきちゃった。」
そりゃ、大変だ。(◎-◎;)
早く帰らないと ! !

エンジンがかかったかぁ?
まだまだ長い道のり。エンストなんておこさないでね。
このまま持続してくれる事を願う母です。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-19 01:39 | Trackback | Comments(0)

学校見学

行ってきました、学校見学。
学校説明会と違い、個人で学校に申し込みをし時間の約束をして行きます。

今回の学校。
長男の第一志望校。そりゃ、気合が入る、入る。
地図を片手に自転車で片道45分もかかってしまいました。
よかった・・・、多めに時間を見積もっておいて。

学校到着、お約束の10分前。
その日に予約をしていたのは私たちを含め4組。
約束の時間になったのにあと2組来ないし・・・。
「時間なので始めましょう。」

15分程してからでしょうか。
残りの2人到着。お友達同士でした。

うーん。
学校見学でしょ。約束をしているのでしょ。行きたい学校なのでしょ。
やっぱり時間は守ったほうがいいと思うよ。(受験生の母の心の声。)

学校説明会と違って少人数。
ゆっくり話を聞くことができたし。


「学校は見に行ったとき、行きたい学校とやっぱりやめようかなという学校の違いがわかるよ。」
そうかなぁ。
今まで2校行ったけど、ピンと来るものなかったよ。
高校進学フェアの時も話を聞いたけど、この時もピンと来なかったな。


来た、来た。
ちょっと、いい感じ。
ううん、ちょっといい感じなんてもんじゃない。
ここの学校がいいな。
絶対に長男にあってると思う。今までのどの学校より。


水泳部の活動も見てきました。
長男の目がきらきら輝き始めた瞬間でした。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-16 00:21 | Trackback | Comments(0)

確約

《確約》って・・・?
そう思われた方、いらっしゃいませんか?
私は主人の転勤で、全国地方行脚の旅に出ていた身。
ここに住んで3年目。初めて耳にした言葉でした。


学校説明会の時に説明がありました。
私立の場合、秋になると個別相談会があります。
3年生1学期までの成績表のコピーと、9月以降に受けた県内模試の結果、部活で活躍した生徒はその結果を持って学校にお伺いするものです。
もちろん成績が良いにこした事はありません。
行きたい学校のレベル以上の成績を持っていれば、
「どうぞここの学校を受験してください。この成績なら合格できます。」
絶対のお約束ではありませんが、学校側から「大丈夫でしょう。」とお約束をいただくようなものです。

少し成績が足りない時は・・・。
英検・漢検・数検3級以上取得。
生徒会活動、また運動の場合は県大会で上位入賞以上。
単願受験の場合。
それぞれに加点されることになるそうです。
この基準は学校によって違うようですが、学校説明会で先生お話がありました。
また、学校案内にもパンフレットにきちんと記載されている学校もありました。


今までは受験には関係のない学年だったからかしら・・・?
そうも思い友達に聞いてみると・・・、
「えっ? 何それ !」という返事。

所変われば・・・。


そして今週の木曜日。
第一希望の学校へ《学校見学》に行ってきます ! !
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-09 08:50 | Trackback | Comments(0)

学校説明会Ⅱ

行ってきました。今回は私立です。

暑い日でした。駅から徒歩で15分も歩いたでしょうか。
汗だくだく。
説明に立たれた先生が、
「今日駅から歩いてこられた方には、確約をお出ししたいくらいです。」というくらい暑い日。
学校の中は・・・。
す・・・、涼しい。やっぱり私立は違う。

説明会が始まりました。
私はどちらかというと公立にと思っておりました。
しかし、説明を伺っているうちにだんだんと私立側に・・・。
確かにお月謝はお高い。
しかし、現役で大学合格を目指すなら・・・、そのお話になった時かなりの説得力が。
今回訪問をさせていただいた学校。

「夏休み中はずっと補習があります。
公立に通って予備校に行くなら、最初から私立に行って大学現役合格を目指すほうが確実です。
学校での補習は子供達のことを充分に把握をしている教師たちですから。
何が苦手か、何が得意か。
全部わかっている教師がちゃんとフォローをしていきます。
とにかく勉強はしてもらいます。」

親としてはとても傾きました。
しかし、隣で話を聞いていた長男。
高校に入学したら水泳部に入って、部活と勉強の両立をするんだ・・・、その考えは変わらず。
話を伺っているうちにだんだん引いていくのがわかりました。
あららっ。
母としてはいい感じの学校って思っちゃったんだけどねぇ。
まっ、受験するのは長男だからね。


説明会のあとには数学と英語の試験対策があり、数学の応用問題の解き方や英語の長文問題の解き方を教えていただき、お得な気分で帰って来た説明会でした。


その長男。
受験生というのに、今日から水泳の強化合宿に出かけて行きました。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-07 23:29 | Trackback | Comments(0)

学校説明会

明日は学校説明会。2校目です。


「その学校を受験をするしないではなく、とにかく夏休み中に4校以上の学校の説明会や見学会に行ってください。」

ふーん、そうかぁ。
ほとんどの学校が土曜日に説明会を設定。
平日はっと・・・。
あった、あった。
うん。このあたりの学校も見ておくのもいいかぁ・・・。


1校目は夏休みの初日でした。
体育館に入ると人・人・人。
保護者抜きの人数だけでも1000人は越えているとの話。

説明会開始。
私の周りの保護者の方々。先生が何かをおっしゃるたびにカリカリと動くペン。
あっちゃーっ。
もしかして、私って浮いちゃってる?

夏休み中の説明会。
成績表のコピーを出すわけでも、模擬テストの結果を出すわけでもなく、ただ話を聞いてくる場という感じ。
でも、みんな真剣でした。

明日は2校目の説明会。
受験生の母らしく、もっと真剣に取り組んできます。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-05 01:18 | Trackback | Comments(2)

始まりました。

『夏を制するものは受験をも制す』

夏休み前に入っていた塾のチラシです。
我が家の長男は受験生。

私自身高校受験を経験していない親です。
そう。中学受験をしそのままストレートに上の学校に行ってしまった私。
高校受験が今ひとつピンと来ない。
偏差値。
70がいいのかもわからない。
(偏差値の70。とんでもなく良いということを最近知った私です。あっ、ちなみに我が家の息子ではありません。)


先日日曜日。
高校進学フェアというものがありました。
参加高校は193校。
駅に着くと会場までの長い列。それも、くねくねとあっち行ったり、こっち行ったり。
えーっ ! !
この子たちがみんな受験生なの? \(◎o◎)/!
えーっ ! !
みんな頭よさそうだし・・・。

希望の高校の前には長い列。
はぁ・・・。(-_-;)
この子達も入りたいんだぁ・・・。
どうする?

少しはこの現実を受け止めて自主的に勉強をしてくれる事を願ったのですが・・・。
今ひとつエンジンのかからない長男。


夏休み残り4週間。
学校説明会。学校見学。夏期講習。
これからが本番です。
[PR]
# by watchsjp | 2005-08-04 01:06 | Trackback | Comments(3)

おいおい・・・(-_-;)

「はい、そこの女子。スカートでパタパタあおがない(-_-;)」

んー?
今なんて言ってた?

夏休み前の進路説明会での事でした。
暑い ! 実に暑い ! !
体育館は蒸し風呂状態。
親たちはいただいた資料やお扇子でパタパタとあおぎまくっている状態。
子供はというと・・・。
やっぱりあおいでる。

そこで見ちゃったものは・・・。
制服の下は体操着上下着用。
だから恥ずかしくないのかなぁ・・・。
女の子たち。スカートをひざ上までたくし上げてあぐらをかいているではありませんか。
\(◎o◎)/!
その上、そのスカートの裾でパタパタとスカートの中に風を送り込む女の子たち。
あららぁ・・・。(・.・;)

ちょっと沈黙の保護者席でありました。
[PR]
# by watchsjp | 2005-07-31 21:29 | Trackback | Comments(0)